◇ 精進料理の歳時記 2017

水無月 六月
精進料理
丸ナスの利休あん:揚げた丸なすはいつも田楽みそでいただきましが、今回は胡麻で作る利休あんをのせました。(左)
カリフラワーと空豆の葛とじ:昆布出汁としめじを使うことで平凡になりがちの葛料理がさらにおいしくなります。(中央)
きゅうりとジュンサイの寒天ジュレの酢物:この時期は湿度の高さと気温の変化で体調をくずしがちです。
夏野菜の酢のものにツルンとしたジュンサイと酢のきいた寒天ジュレでのど越しが良く、さらにいただきやくすします。(右)